経営の知らなかった基礎

経営の勉強は奥深い

フランチャイズ経営の開業方法

フランチャイズ経営は、有職者の副業として注目されています。ある企業が運営しているサービス等を個人が運営者となり、且つ副業を得るために行うビジネスモデルです。年金生活者が新しく商売を始めるためにコンビニ経営をする場合が典型とされます。開業方法としては、基本的に一千万円以上の資金を手元に用意し、独立開業を募集する企業と契約を締結することになります。また、募集者との間では各種料金を納付する関係となり、オーナーとなった人は契約を一方的に破棄することはできないとされています。契約するに当たっては、遵守しなければならない規約の存在は無視できません。違約金等については事前に調べるのが大事であり、知識取得は必須です。開業等を支援するサイト等に登録して情報収集してから臨んだ方がリスクはかなり軽減されます。

フランチャイズを利用して副業を

副業と言うのは、本業を持つ人が本業とは別の仕事を行って収入を得る事を意味しています。一般的に副業と言うと、経営的な要素は少なく、時間が在る時に行う仕事と言うイメージが強いものです。フランチャイズは経営的な要素が強いものであり、本部が募集を行っている加盟店に加盟を行う事で、有名な会社や店舗の商号や権利、ノウハウなどを利用して商売を行えると言うメリットを持つビジネスモデルです。尚、フランチャイズの開業方法は、加盟店に加盟をすることで本部からの指導を受け店舗のオーナーになることが出来ると言う画期的なビジネスモデルなのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 経営に関して考えよう. All rights reserved.